どうして中学受験しようと思ったのか。それは、子供が行きたいと思った学校があったからでしょう。もちろん、その学校が志望校になってくれると良いのですが、実際にはそんな事も言っていられないのです。親が行って欲しい学校もあるかもしれないし、子供の現在の学力もあるでしょう。そして、何より一番重要なのが、子供と学校との相性です。私立中学校の場合、独特の校風や教育理念を持っている学校が多く存在しています。活発な性格の子供が生活指導の厳しい学校に行っても窮屈なだけでしょう。スポーツが好きな子供が、上品な文化系の学校に行っても自分の好きな事が出来ないだといえるはずです。子供の性格をよく理解した上で、学校説明会等に頻繁に足を運び、その学校を慎重に調べる必要がありますね。また、「あの学校の制服が素敵だから」と言った単純な理由で志望校を決定してしまうと、入学してからこんなはずじゃなかった、と後悔する恐れもあります。その為にも、必ず子供と一緒に学校見学や調査を行うようにするといいでしょう。以上のような事を考慮しながら志望校を決めていきますが、早急に決める必要はありませんよね。ただ、5年生ぐらいまでには数校の候補を出せるようにしておくと、志望校への対策にも十分時間を掛ける事が出来ます。志望校を決める事で、更に、勉強する意欲が出てくる子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)もいる事でしょう。最初の動機はどうであっても、まずは子供の意見にも耳を傾けてあげて下さいねー